読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保土ヶ谷モックセンター のブログ

携帯電話スマートフォンのモックアップを販売している保土ヶ谷モックセンターの中の人のブログです。最低週に1度は更新したいと思います。弊社の業務に関するお問合わせは弊社ホームページのお問い合わせフォームや電話窓口にお寄せ下さい。

サバサバとした接客対応を心掛けています

通常記事

.


 弊社が特に高い優先順位をつけて取り組んでいるポイントが2つあります。「品揃えを徹底的に増やす」「なるべく早くお届けする」の2点です。


 品揃えを増やす為には予算が必要ですので、極力無駄を省いて運転資金を捻出する努力をしたり、スポンサーになって下さる方を探したりしています。


 なるべく早くお届けする為には、当日発送の締め切り時刻をギリギリまで遅く設定し、なおかつ早く届けてくれる運送会社を利用する事で、ご注文からお届けまでのリードタイムを短縮する事に努めています。

 梱包作業短縮の為に商品をあらかじめ半梱包状態で保管し、宅急便などの伝票発行、領収書などの帳票類の発行も自動化しています。相談用電話の受付時間を午後3時までとさせていただいているのも、当日発送の締め切り時刻終了から実際に出荷するまでのごく短い時間に一気に梱包作業を行うにあたり、電話を受ける事は後回しにせざるを得ないからです。
 弊社では当日発送の締め切り時刻を15時までとしていますが、実際には時刻を少々オーバーしてしまったご注文も極力当日発送で拾えるようにスタンバイしています。そうすることで、お客様の元になるべく早くお届けするという目標に取り組んでいるのです。


 また、この2つのポイントに当てはまらない要素については、言葉は悪いと思いますが、優先順位を下げて後回しにしています。


 例えば、お電話やホームページにお寄せ頂くお問い合わせの対応が後回しになったりする事もありますし、ホームページをご覧頂ければ済むお問い合わせについてはあらかじめ用意してある定型文をそのままお返事として送信する場合もあります。
 「○○の在庫はありますか?」という電話のお問合わせには「ホームページに実際の数量が表示されているのでそちらをご参照下さい」とお伝えしますし、お見積りのご希望は例外なく全てお断りしております。そのせいで「サービスが悪い」とお叱りを受けることも稀にありますが、やむを得ないと割り切って考えています。


 ただし気をつけなければならないのは、業務でモックを必要としているお客様が、必ずしもスマートフォンの知識を持っているとは限りませんので、あまり知識がなくて困っておられるお客様のアテンドについては、出来る限りご対応しております。
 例えば何らかの業務で必要になり「エクスペリアのモックはありますか?」と、私からすると非常に抽象的で答えづらいお問い合わせをして下さるお客様もおられます。「エクスペリア」と言えば2010年にソニーエリクソンが発売したSO-01Bそのものを指すわけですが、しかし知識がほとんどないお客様にとってそれは、もしかするとXZであったりX PerformanceだったりZ5だったりする場合もあるわけでして、そこで取り付く島もなく「ホームページを御覧ください」でシャットアウトしてしまうのは、さすがにまずいと感じますので、なるべく丁寧にヒアリングをさせて頂き、お答えするようにはしております。


 丁寧に対応するのか、それともサバサバとお応えするのか、その線引きは、お客様ご自身のご努力ではどうにもならない状況かどうか?を1つの基準にしています。


 よくあるお問合わせには「今日注文したらいつ発送されるのか?」や「今日注文したらいつ届くのか?」という内容が圧倒的に多いものですから、そういったご疑問を持つ方のためにホームページの左上になるべく目立つように自家製のバナーを作って配置しました。
 しかしながら、それすらも見て頂けずにお電話をしてこられるお客様もおられますので、まずは本筋を答える前にバナーのご説明をし、なるべくクドくならないよう注意しながら、まずはホームページをご参照いただけるようにお願いしております。

 これが弊社流のサバサバとした対応です。



 弊社の売上がもっともっと増えて余裕ができたならば、その節は必ずや営業日や時間の拡大、およびお客様対応の丁寧化も行っていきたいと思いますので、図々しいお願いとはなりますが、引き続きご愛顧賜れますよう宜しくお願い申し上げます。