保土ヶ谷モックセンター のブログ

携帯電話スマートフォンのモックアップを販売している保土ヶ谷モックセンターの中の人のブログです。最低週に1度は更新したいと思います。弊社の業務に関するお問合わせは弊社ホームページのお問い合わせフォームや電話窓口にお寄せ下さい。

保土ヶ谷モックセンターの事務所兼店舗が生まれ変わりました!

.

f:id:hodogayamockcenter:20180426230837j:plain


 弊社の事務所兼店舗を少しづつ改装している旨を10日前の記事でご紹介いたしましたが、それがようやく完成致しました。

f:id:hodogayamockcenter:20180416231012j:plain

 以前がこの有様でしたので、画期的な違いと自負しております。文化レベル的には19世紀から20世紀に突入したという位の大きな変化です。これにより5~6名ほどの来店客を収容できるのではと考えております。

 まだ完成までもう少しという時点でやってきた近所の小学生たち3名の意見を聞きましたけれども、おおむね好評だったのではと感じました。


 また、平日の昼間しか営業しておりませんので実際に目で見て確かめられるお客様はごく少数に限られるわけですが、それもちょっと寂しいと思いますので、どこかで祝日に営業する日を設けてみようか?とも考えております。突発的にゴールデンウィーク中にお店を開いても誰も来てくれなくて寂しいだけだと思いますので、これはまたおいおい考えてみたいと思います。


.             ■


 それと、弊社店頭での注文受付を行うことと致しました。

f:id:hodogayamockcenter:20180426235000j:plain




 これも10日前の記事にて予めご説明しておりましたが、店頭では釣り銭を用意せずに済むよう、さらにネット販売と比べた業務負担の重さとの兼ね合いで、販売価格を別に設定させていただくこととしました。

f:id:hodogayamockcenter:20180426232016j:plain


 この弊社ネットショップの価格表示を2段階にさせて頂きました。ネットショップでご注文頂ければ店頭引取りでも全く同じ値段でご購入頂けますが、店頭で口頭で注文を伺って商品をご用意した場合は、写真の赤いマーカーを引いた方の値段で販売する事となります。
 また、店頭で注文を受けるとは言っても、普通のお店のようにショーケースに商品を並べて見ながら購入できるわけではなく、あくまで注文を受けて、そこから上の階にある保管庫から商品を持ってきてご用意するという段取りになります。領収書がご入用のお客様に対しては手書きでの対応を致します。


.             ■


 弊社には2週間に1回位の割合で、ネット注文せずに直接買いに来られるお客様がおられました。中にはネット通販に不慣れな方もいらっしゃいましたが、多くの場合は都内のテレビCMを制作される会社のスタッフさんで、会社の上司に買ってこいと命じられてやってきて、ネットでしか注文を受けていないとお断りすると茫然自失となられる、という事態が繰り返されてきました。

 実は弊社は以前、店頭で口頭での注文をお受けしていた時期がそれなりにあったのですが、その中での経験を踏まえ、全てネット注文を行って頂くように態度を変えたという経緯があります。その、店頭での注文をお受けしなくなった理由は色々ありまして、だいたい以下のようなものになります。



・口頭で注文を受け付けると時間がかかり過ぎる
→だいたいのお客様は商品の型番などご存知でらっしゃいませんので、欲しい商品が何なのかを確認するだけで数分はかかり、さらに値段を確認し、それを電話で会社の上役の方に聞いて承認を得て、ようやく注文という流れになります。その間こちらは手を動かせませんので、商品の出荷準備に大きな影響を及ぼしました。


・釣り銭の準備がいる
→弊社の店頭は基本的には無人販売で1個10円のモックの個数分を代金箱に入れて頂く仕組みですので、釣り銭を用意していません。ですが、店頭で口頭で商品を注文されたお客様が代金をピッタリ用意しておられる筈はなく、ここで対応に時間がかかって他の作業に影響しておりました。


・在庫のない商品を買いに来られてトラブルになる
iPhoneiPadのモックを買いに来られ、そもそも販売していない事を伝えてトラブルになった事や、行き違いで売り切れとなった商品を買いに来られたお客様のトラブルもありました。弊社は販売するためにホームページに商品を掲載しておりますので在庫数の変動は常に起きているのですが、時にそれがご理解頂けないお客様もおられました。


 こういった懸念をクリアするためにあえてネット注文に限定する措置を講じ続けてきたわけですが、正直な所を言えば、売上の伸び悩み傾向が顕著な事もありますので、その打開策の一つとして、今まで封じてきた店頭での注文受付を再び始めることとしたという事でございます。


.             ■


 新商品の発売時期のような繁忙期に果たしてバタつかずにこなせるのかいささか不安がないわけではありませんが、少しでも利便性の向上に心がけて、経営を安定させていきたいと考えております。

 今後とも保土ヶ谷モックセンターを宜しくお願い致します。