モックセンター のブログ

携帯電話スマートフォンのモックアップを販売しているモックセンターの中の人のブログです。最低週に1度は更新したいと思います。弊社の業務に関するお問合わせは弊社ホームページのお問い合わせフォームや電話窓口にお寄せ下さい。

ドコモのキッズケータイHW-01GにMVNO(格安シム)のSIMカードを挿して使用する事は可能なのか

f:id:hodogayamockcenter:20190526230011j:plain


 弊社では現在白ロムの販売に力を入れつつあります。モックだけで今後成長するのはどうやら無理らしい、とついに悟ったからです。


 というわけで最近販売するようになった白ロムの中で、とりわけ数を捌きたいと考えているのがドコモのキッズケータイ「HW-01G」であります。


page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp



 なぜ数を捌きたいのかと言いますと、そのものズバリで、在庫があるからであります。


 つきましては皆さま、どうぞ御買い上げ下さいますよう謹んでお願い申し上げる次第であります。



              ■


 ただやぶからぼうに「買ってくれ!」とお願いするだけでは芸がありませんので、私なりに考え、このHW-01Gを格安シム(MVNO)で使用する事は出来ないのかを検証してみる事といたしました。


 これを検証するにあたり使用した格安シム会社はNTTコミュニケーションズの「OCN モバイルワン」であります。


f:id:hodogayamockcenter:20190526231025j:plain


 まず第一段階としまして、SIMカードを挿入して、端末側がきちんとSIMカードを認識するのかお見せしたいと思います。


 それでこの上の写真となるわけですが、いかがでしょうか。しっかり認識しているのがおわかり頂けるかと思います。
 さすがに電話番号を全て包み隠さずにお見せするわけにはいきませんが、この断片的な数字だけでも十分証拠足り得るのではないかと思います。







youtu.be



 「よく見えない!」とお叱りの声を受けそうな気がする今日この頃ですので、もう少しアップして、本当に認識している事をお見せします。




f:id:hodogayamockcenter:20190526231329j:plain
 


 嘘偽りの無い事を証明できたのではないでしょうか。



                ■


 SIMカードの認識が出来ただけでなく、通話ができる事を証明して見せなければ、全く意味がありません。



f:id:hodogayamockcenter:20190526232353j:plain



 別の電話から非通知でかけて着信している様子をお見せしたのがこの写真です。



 キッズケータイHW-01Gには「電話帳登録した番号のみ着信する」と「全ての電話を着信する」の2つを選ぶ機能がありまして、このうち後述した全ての電話を着信する設定にした上で試したのがこの写真であります。

 つまり、きちんと通話もできますよ!(発信は電話帳登録した最大4件まで可)という事が証明できたかと思います。



                 ■


 HW-01Gにはブラウザもアプリも、もっと言えばパケット通信の機能もありません。通話とSMSしか使用できません。そのため、格安シム会社を使用するためのAPN設定をする必要すら無く、ドコモのSIMを挿して使うのと同じようにドコモ回線を使用する格安シム会社のSIMカードを挿して電源を入れさえすれば、使用する事が出来ます。


 ただし、ドコモの契約に依拠するイマドコサーチ機能を使うことはできませんので、例えば万が一お子様やご高齢の方にお持ちいただいて連絡が取れず緊急事態も予見されるような状況に陥った場合はイマドコサーチを使用するのではなく、警察に届け出て下さいという事を申し上げねばなりません。



                 ■



 ヤフオクのリンクばかり貼りましたが、弊社のネットショップにおいても結構前からこっそり販売してたりします。



hodogaya-mock.ocnk.net

hodogaya-mock.ocnk.net



 ホットモックという建前で販売しておりました。


 これには一つ理由がありまして、知識がそれほど深くない方々を弊社のネットショップに誘導するのは色々危ないという考えからであります。


 今後白ロムの販売を継続的にやっていくにあたって、できれば手数料を抜かれない自社のネットショップで販売できた方がお金の面では良いのですけれども、かといって先ほど触れたように知識がそれほど深くない方を誘導するのは危ないという考えもあって、当面はヤフオクやメルカリ、それにイーベイなどの他所の大手サイトを中心にやっていくのが良いんだろうと思うのですが、できれば弊社としてはリアル店舗を構えておられる企業様に向けて卸売をするような方向に持っていければベターかなと、そんな事も考えたりするわけです。



                 ■


 
 モック販売という極めて特殊な事業を10年も続けてこられた背景には、弊社には、もっと言えば私には特殊なネットワークがあるという事もあるわけでして、そのネットワークをしっかり有効に、なおかつ取引先各位により一層のメリットを感じて頂けるような形で駆使していく方法を考えております。

 それが現在力を入れつつある白ロムの販売で、といってもまだ最初の一歩ではありますが、徐々にペースを上げてお金を稼ぎ、そのお金でモックセンターの内容を充実させていこうという風に計画しております。


 モックセンターの充実とは、これまでのように新製品のラインナップを着実に増やしていくのと同時に、国内で未だにラインナップ出来ていない古い端末をカバーしていく事と、そして国外の未知なるモデルをカバーして、お客様にお届けする。
 そういう事であると厳密に定義づけて、ぶれずに邁進していきたいと考えております。


 内容の充実だけでなく、できればサービス面の充実にも力を注ぎたいと思う部分もあるのですが、今はまだそこまでの実力がありませんので、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただければと考えております。



 というわけで、どうかキッズケータイHW-01Gを買ってください宜しくお願いいたします!




page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp







.