保土ヶ谷モックセンター のブログ

携帯電話スマートフォンのモックアップを販売している保土ヶ谷モックセンターの中の人のブログです。最低週に1度は更新したいと思います。弊社の業務に関するお問合わせは弊社ホームページのお問い合わせフォームや電話窓口にお寄せ下さい。

無人店舗の可能性を探る

.


 アマゾンが完全自動化の無人コンビニを開業しようとしているようですが、弊社ではそれより3年も前から無人販売を実施しております。


f:id:hodogayamockcenter:20170615210844j:plain
f:id:hodogayamockcenter:20170615210921j:plain
f:id:hodogayamockcenter:20170615210943j:plain


 だから弊社は時代の最先端を行っている等と申し上げるつもりは毛頭ありません。ましてや、アマゾンのようなテクノロジーの欠片もない、著しくローテクで、要するにぶっきらぼうで無造作な、あたかもゴミ屋敷然とした佇まいを持つのが、弊社の無人販売スタイルです。


 さすがにこの3畳ほどしかない狭い空間にうず高く積み上げられるスタイルは問題があると思っています。ですからどこか別の場所を借りて、本当に人が居ない、質問があっても聞く相手すらいないような野性味あふれる無人店舗が実現できないものだろうかと、私は内心考えております。


www.athome.co.jp


 例えばの話ですが、こういう土地を借りまして、そこに雨風の影響を受けないような形でモックをたくさん積んでおいて、「欲しい方はどうぞご自由に1個十円でご購入下さい」という風な、まさに地方によくある無人の野菜直売所(横浜にもありますが)のような事ができないものか、等と一つのプランを考えています。

 これであれば営業時間は24時間365日いつでもご購入いただけます。展示スペースは現在の5倍以上になりますし、弊社にも莫大な在庫がありますので、皆様をお腹いっぱいにして差し上げる自信はあります。

 
 その為の費用は、不動産の初期費用が12万ほどで、什器などを用意するのに20万くらいかかるでしょうか。毎月のランニングコストは家賃くらいで、電気がいるとすれば月に3000円くらいで。防犯カメラ的なものを設置して遠隔監視をするのであれば月に3000円くらいかけてWiMAXか何かのルーターでも契約する必要がありそうです。


 仮に今そういったものを行うとして原資があるのかどうかと言えばありませんので、初期費用はクラウドファンディングでリベンジを目指すというプランです。前回失敗していますので、今回も失敗する可能性が高いと思いますが、なんとか成功する確率を高める方法を考えなくてはなりません。

 あとは、弊社ホームページに広告を載せるスポンサー様を募集するプランもあります。弊社のホームページは1日平均のユニークユーザー数が3000から4000くらいで、ページビューが5000くらいありますので、なんとか応援の意味で広告を載せてくれる企業様がいらっしゃれば良いなぁと、夢を見ております。



                  ■


 お金が無いなりに工夫しながら新しいものを考えるのは、とても楽しいものです。お金があればもっと楽しいに違いありませんが、無いものを考えるのは虚しくなるだけですので、現実を見ながら楽しいことを考えなければなりません。


 面白きこと無き世を面白く。

 
 そんな事を日々考えながら、これからも頑張ってまいりたいと考えております。